アタシエの脱毛はワンランク上の「美白」「美肌」最短脱毛が人気の美肌脱毛サロンです

光による脱毛の難しさ


下記の4つの条件により「脱毛機の出力を調整」しなければならない所にあります もっとも簡単な施術は肌が真っ白で、毛が黒く太い場合です。こういう場合はマニュアル通りで良い結果が得られるます。しかし実際はいくらか肌は浅黒く、色素沈着があったりします。また毛の太さも剛毛から産毛まで様々です。

肌色と毛質の組み合わせで脱毛機の出力を決めています。

毛にダメージを与え不再生にする事だけを考えれば、出力は上げた方が効果が出ます。しかしそれでは肌にもダメージが出て「火傷」を引き起こしてしまいます。

「最適な出力」を導きだす経験と技術


導き出さなければならないのは、お手入れの効果が最大限期待できる適切な出力です もし選んだ出力が弱ければ毛根の熱変性が起きず毛がまた生えてきます。逆に高過ぎれば皮膚にダメージ(やけど)が発生します。この判断の正しさは経験によるところが大きいのです。どのサロンも一応の設定の目安はありますが最後は経験がものを言います。

効果を決める大切な要素!


脱毛機の出力設定による違い
脱毛機の出力はJ(ジュール)であらわされますが、おおむね10J〜20Jくらいで施術されます。褐色肌の人にはJ(ジュール)を下げて安全を期すしかありません。当然 脱毛効果は下がります。 経験や知識の浅い施術者とベテランでは判断がちがうかも知れません。同じ機械を使っていても、脱毛の結果効果にちがいが出る可能性が大いにあるのが脱毛です。
照射角度の違いによる効果の違い
フラッシュ脱毛機の場合、「脱毛ヘッド」は皮膚に対して垂直(90度)に光を当てなければなりません。 1〜2度ずれただけで、脱毛効果は違ってきます。皮膚に対して垂直でない場合、同じ出力でも数%マイナスされることになり、当然脱毛効果が低くなります。一見簡単に思えるこの「垂直照射」は、ベテランのエステシャンでも「長時間続けるのは難しい」のです。このことは施術者が自覚する以外、周りが見ていてもなかなか気づきません。
脱毛が難しい細い毛や産毛の出力判断
太い毛に比べて細い毛や産毛は脱毛が難しいのです。それはメラニンの量が少ないので、脱毛に必要な充分な熱が発生しにくいからです。具体的には出力(ジュール数)をかなり上げないと脱毛できないのですが、出力(ジュール数)を上げると火傷の危険が伴います。これまでのエステ脱毛器では極細い毛は脱毛する為の出力が高いので、非常に危険です。肌冷却装置付き脱毛機によりやっとお手入れできるようになったとはいえ、高出力には違い無く、充分な経験と知識をもって照射出力を決めなければならない事は言うまでもありません。
無料カウンセリング予約